男性風俗店員のお仕事は何をするの?

uyfukyf
あなたは風俗店員が普段どんな仕事をしているか知っていますか?きっと多くの人は風俗店員になれると、毎日風俗嬢に会えて、ちょっといやらしい格好をみれたりなんていう夢を抱く人も多いのではないでしょうか?一見派手そうに見える風俗店員という職業は実際には、普段どのような仕事をしているのでしょうか?そこで今回はそんな男性風俗店員のお仕事について紹介していきましょう。

新入社員はキャストにさえ会えない?

風俗店員といえば、常に女性と話すのが仕事だったりするような印象ですが、新入社員の人のたちは女性と喋るどころか、会うことさえもままならないというのが現状のようです。決してあってはいけないというルールなのではなくて、仕事の役割上会うことがないというのが実際のところみたいです。主に新入社員はどのような仕事をしているのかというと、雑用なので、部屋の掃除であったり、外の掃除であることがほとんどなので、お店によっては、お客様の前にも出ないこともあるようです。

受付になってからようやくワンステップ上がる

風俗業界ではほとんどが最初の雑用がしんどいということで辞めてしまうこともあります。だからこそ雑用期間という降るいを最初にかけるのです。それらの雑用期間を頑張れないような人は、誰かの上に立つことなど到底出来ないからです。そのため、受付になってようやく風俗業界の仕事に入ったと言っても過言ではないでしょうか。受付では、お客さんの管理や、キャストの管理をしなくてはいけないので、その受付の能力次第で1日の売り上げが大幅に変わります。その理由は、受付によって女の子の順番や、スケジュール管理の仕方が変わるので、それによってマックスの人数が変わってくるのです。しかし、このころから風俗嬢と話ができるようにはなりますが、基本的には多くの男性が望んでいるような展開もなく、厳しいルールの中、女性に顎で使われることも多いので、長い下積み時代を捨ててまでも、風俗業界から抜けていく人も多いようです。しかし、基本的には普通の職場と同じような事務作業とかも多いので、風俗だからといって特別な仕事があるわけではありません。

お金の管理

ここまでくるとどの業界でも同じですが、ある程度役職が上がるので給料も増えるようになります。お金の管理をするようになると、広告への出稿であったり、面接などもするようになるので、店長クラスになってきます。オーナーはほとんど前に出てこないものなので、店長はたいていの場合雇われ店長で、大きなお店であればだいたい店長で50万から100万円くらいの月収になるでしょう。しかし、中にはお金を抜いてしまうような輩もいるようで、それがばれた際にはクビになるだけでなく、それなりの強い仕打ちもあるようなので、人として犯してはいけないことは絶対にやらないべきです。

いかがでしたでしょうか?以上が男性風俗店員のお仕事の内容についてでした。風俗業界ということだけで、どんな仕事なのだろう?という疑問を持つ人も多いようですが、実際には普通の仕事となんら変わらないことをしているので、あまり過度な変換を持つ必要はないでしょう。ただ、業界が業界なので、確かに厳しい世界ではありますが、厳しい世界というのは決して風俗業界だけに限らず、仕事をしている以上、どこでもありうることなので、ぜひあなたもこれらのことを理解して、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

更新情報

△PAGE TOP