特許取得をする際の先行調査は専門機関に頼むとお金がかかる

特許取得するときには先行調査をやらなければいけません。専門機関へ依頼するとどれほどの費用がかかるのか? - 特許取得の先行調査には費用がかかる?

特許取得の先行調査には費用がかかる?

特許取得をするためには先行調査が必要です。
これは自力で行えば費用はかかりませんが専門機関に依頼すれば費用はかかります。

●先行調査とは?

そもそも特許取得のための先行調査とはどのような調査のことを言うのでしょうか。これは過去に同じような発明が特許を既に取得していないかどうかをリサーチするのです。自社が考えたアイディアだと思ってさらに特許取得のために時間や費用をかけて動いていたのにも関わらず、それは実は過去に既に出ていたアイディアだったということが分かれば、費用も時間も無駄になってしまうでしょう。そのムダを省くためにも、もったいないことをしないためにも、先行調査は必要です。

●先行調査は誰が行うのか

先行調査は誰が行うのでしょうか。自社の人間が行うことができるのであれば行えばいいでしょう。そうすれば費用の負担もそれほどかかりません。その発明をしようとしている分野に関連しているキーワード、IPC分類やFU記号やFタームといったものを使って特許電子図書館で検索をする、または民間が持っているデータベースを使用して検索をすることができます。自力では難しい場合は、特許事務所や専門機関が先行調査を代理で行ってくれます。この場合は費用が必要です。

●調査結果を受けて

調査結果を受けて発明を考え直さなければいけないこともありますし、違った視点で見なければいけないこともあります。特許取得に向けての手直しをしなければいけないことになる可能性もあります。
先行調査はスムーズに特許取得をするためには欠かすことができない手順です。無駄な時間や無駄な費用を発生させないためにも必ず行った上で特許取得準備を進めましょう。自力で難しい場合は特許事務所に依頼することも可能です。
特許取得をしようと思ったら費用が高いですよね。
なぜこんなに高いのか検証してみましょう。

●特許事務所に依頼する

特許事務所に依頼して出願をするので手数料を差し引かれるために費用が高くなることもあります。出願をするだけなのに20万円から30万円もとられてしまいます。権利化するところまで依頼すれば100万円以上かかってしまうこともあります。しかし実際に特許庁に支払っているお金は特許出願料そのものは1万5千円ですので、それほど高くはありません。特許を権利化する場合は出願審査請求が必要ですので、費用は15万円から20万円掛かります。これらを足しても25万円以内に抑えられるはずです。それなのにこれだけ高くなるのはなぜでしょうか。

●これは高くはない

uilug
実際高いと感じる人もいるかもしれませんが、実際価値を考えると高くはなく妥当なのです。特許出願に必要とする出願書類を作成する場合、誰でもできるわけではありません。スキルを持っている人でなければいけないのです。そのスキルを身につけていれば特許事務所に依頼する必要はないかもしれませんが、特許事務所に依頼しなければ普通は難しいですよね。

●スキルがないので高い

スキルがないために特許出願にも権利化するのにも弁理士の力を借りなければいけなくなり、それが高くしている理由です。ではどうすればいいのでしょうか。もし可能であればスキルを身につけたり、自力で申請ができるほどの力を身に付ければいいと思います。それができれば費用はかなり抑えることができるでしょう。
特許取得にかかる特許費用はとても高いですが、それは特許事務所を通じて申請をしているからであって、自力で行えばそれほど高い値段にはならないのです。

アーカイブ

特許取得 特許事務所紹介

更新情報